妊忍日記2-3 妊法若返りの術

いやあ、ホルモンパワーってすごいね!
今度の妊娠の前は、おっぱいも過去最低にしぼんでたし、お肌もハリがなくて元気がなかったの。
それが、妊法若返りの術により、おっぱいも再び牛みたいになってきたし、なによりお肌がすごかった。

つわりが始まった頃、顔が痒くて痒くてたまらなくなってきた。
すぐに今までにないぐらいざっらざらになって、なんかの皮膚病みたく粉が吹いたようになったの。
かゆいのは続くけど、クリーム塗ってもあまり変わらないし、ずっとこのままだったらどないしょ〜って思ってた。

それから1週間ぐらいして顔を洗ったとき、皮が剥ける時のように角質か垢か知らんけど、ぽろぽろとれてきて、ピッチピチ(でもないが・・・)のお肌が現れたの〜!

いやあ、しつこいけど、ホルモンてすごいね。

だけど、逆に考えると、それだけお肌にハリがなくて、新陳代謝ができてなかったってことだよね。
この年になったらそれは仕方のないことなのか?
それともがんばってホルモンをキープしたらお肌もキープできるのか?
いや、無理だな。そんな簡単にキープできたら世の中の女性はこんなに悩まへん。

おっぱいもお肌も産んだら逆戻りか〜
今のうち楽しんどこ。(何を?)
[PR]

by na0cci | 2011-01-29 06:28 | 妊忍日記