ルクルーゼで作るルバーブアップルパイ

f0077357_1955362.jpgルバーブ。
初めて見たときは、赤いセロリかと思いました。
タデ科の多年草で、和名はショクヨウダイオウ。原産地はシベリア南部です。イギリスに住んでいた時に、友人がルバーブパイを作ってくれました。それがあたしが食べた初めてのルバーブ。
なんでセロリがこんなにおいしくなるんだ?! その見かけと味のギャップにある意味感動!
日本に帰ってからもたまに食べたくなったのですが、ルバーブ、手に入らず。
アメリカに移住して、スーパーで見かけて思わず迷わず購入。
うちに買い置きのパイ生地があったので、それでパイを作ることにしました。


適当(すぎる)レシピですみませんが、作り方です。
f0077357_196195.jpg

ルバーブの量が少なめだったので、リンゴ1個を追加。
それぞれを切ってルクルに入れ、砂糖を100gぐらい(あたしはあまり計りません。砂糖はいつも少なめです。ご自身で調節お願いします。)入れて中火→弱火にかけます。ものの15分ほどでルバーブは影がなくなってしまいます。焦げ付かないように混ぜてね。水分がほとんど飛んだら、パイ生地に流し込み、オーブンで15分ほど焼きます。温度は200度ぐらいかな?

焼き上がり♪
f0077357_1964428.jpg


でも・・・
f0077357_197460.jpgパイを作ったはずなのに、お皿に盛る時になぜかルバーブクランブルになってしまいました。
多分水分の飛ばし方が悪くて、パイ生地に水分がしみ込み、柔らかくなったからだと思います。

クランブルでも、十分おいしかったわよ!!(何怒ってんの?)

ルバーブを見かけたら、ぜひお試しあれ!
長野では生産されてるようですよ〜

ブログ応援よろしくお願いします♪
[PR]

by na0cci | 2006-04-18 19:33