pyrex レフリジエーター チョコレートブラウン

f0077357_055595.jpg一番小さなサイズのレフ。 チョコレートブラウンやモカはピンクに続いて大人気のようですね。
これの一回り大きなサイズも持ってるんですが、蓋がないのです(悲)

レフリジエーターは冷蔵庫の保存容器。
冷蔵庫がかわいいpyrexでいっぱいになるなら、普段あまり料理をしないあたしでも喜んでしそうです。(冗談です)

蓋をとってそのまま食卓にだしてもいいし、便利。



初めて読む方は↓の9/12 フェデラルパティオスナックセットの記事から順に上に読んで行って下さい。

さて、結局Sabinaとは会えずに家にたどりついたあたし。
何が悲しいって、交通費が高いこと。
BARTだけじゃなく、バスやら電車やらも乗らなきゃいけないので結局往復$20近くかけたのに、何もゲットできなかった・・・

悲しいけどやっぱり欲しいし、とりあえずSabinaにメールを打ちました。

「Sabina、今日は本当にごめんなさい。BARTを乗り間違えて、気がついたら全然別の線の遠くの駅にいました。 慌てて引き返したけどついたのは45分後。あなたはいなくなってて当然です。
主人のメールに返信してくれてありがとう。

セットの件ですが、前から欲しくてさがしていたものなので、諦められません。
あなたにはこのメールを無視して他の人に譲る権利があるし、わたしは文句も言えません。
でももしわたしに譲って下さるなら、ぜひ$10上乗せしてお支払いしたいです。
だって、あたしはあなたの貴重な時間を30分も無駄にさせてしまったのだから。

お返事、お待ちしています。
Nao」

返事はすぐに来ました。

「Nao、あなたが無事についてよかったわ。 今日は残念だったけど、そんなに心配しないで。
セットはあなたのためにキープしておくから。 またメールでやりとりして受け渡し日を決めましょう。金額の件も元の値段でいいからね。
Sabina」

なんてやさしいんでしょー!!! (T▽T)
30分も待ちぼうけ食らわせたあたしに文句一つ言わず、あたしが無事についたかどうか心配してくれて、その上あたしのオファーも要らないって。

この人、アメリカ人? って思いました。(偏見ですね、ごめんなさい)

責められることを覚悟していたので、思わぬやさしいお返事に泣きそうになりました。

続く

続きが読みたい人は応援して下さい♪
[PR]

by na0cci | 2006-09-15 00:06 | コレクティブル