カテゴリ: ∟Texas( 2 )

テキサスで結婚式

今回結婚したカップルは、アメリカ人のクリスと台湾人のジーン。
f0077357_255411.jpg


式は教会であったんだけど、なんと牧師さんだけでなく、お坊さんの姿が!
f0077357_2552467.jpg

ジーンのお家が仏教ということで、ミックスしたようです。

ブライドメイドたちはチャイナドレス。
f0077357_33156.jpg
新郎のご両親が去年わたしたちの式に出席して下さったのですが、
わたしの友人たちが着てくれた浴衣にヒントを得たと言ってくれました。
何か民族的なものを取り入れたかったんだって。
わたしたちの式のアイデアが誰かに取り入れられるって、うれしいね〜っ

そうそう、わたしたちの式で別々の色をつけた砂を二人でボールに流し込んで
二人で色を混ぜて新しい色を作る儀式
(それぞれの家族が一緒になって新しい家族を作るって意味があります)
っていうのをやったんだけど、
牧師さんによるとあたしたちがやってからそれをまねっこしてやる人が増えたんだって〜
あたし、ウェディングプランナーになろかな?(笑)

っていう冗談はおいといて、結婚式レポは続きます。

披露宴は大きなチャイニーズレストランにて。
一番初めにティーセレモニーっていうのをやりました。
f0077357_2555961.jpg
あらかじめ赤い封筒をもらっておいて、お祝い($20ドルぐらい)を入れて名前を書いて持っておきます。
一列にいすに座って並びます。
花嫁が順番にお茶を配ってくれるのでいただきます。
飲み終えたらお茶カップに赤い封筒を丸めて入れ、
カップが回収される時に一緒に渡します。

料理は10コース。
久しぶりの北京ダックはうまかったー!!


と、普通のレポはこれぐらいにしておいて・・・


ちょっと、聞いてよ!!
結婚式のこととやかく言うのはどうかとも思うんだけどさ、言わせて!!
あたし、この日嫌なことが2つもあったの!!

①式で怒られる
式が始まる前に、Best Man(仲人みたいなもん)の奥さんから、カメラを渡されて、撮って欲しいって言われたのね。あたしはあたしのカメラ持ってたけど、気持ちがすごくわかるから頑張ってとってあげようと思って受けたの。で、彼女に「あたし、歩き回ってもいいと思う?」って聞いたら「ええ、そう思うわ〜」って言われたし、前日にももう一人誰かに聞いて「いいと思うよ」って言われてたので、よっしゃ。カメラマンになるぜーと思って撮ってたんだけど、端っこに座ってたから、指輪交換とか上手く撮れないじゃん? だから後ろに回って真ん中から撮ろうと思って行ったの。

そしたら!

教会で働いてる人と思うんだけど、「だめだめ! あなたは座らなきゃだめよ!」って言われたの。
でも、最初の説明ではカメラのフラッシュは炊くなって言われたけど歩き回るなって言われてないし、第一これはあたしのカメラじゃないし。って反論した。
ジーンの友達がカメラマンをつとめてたんだけど、「彼女がカメラマンとして雇われてるから彼女はいいけど、あなたはだめよ。座って。」

他にも立ってビデオ回してる人はいたし、あたしは引き受けた以上いい写真が撮りたかったのでさらに食い下がった。
「理解できません。なぜ?」

彼女の答えは

「Because I said so!!」

(あたしがそう言ったからよ!!)


ぶっちーん☆
それ以上暴れたくなかったので席には座ったが、
「それってすっごい傲慢!!」っていう捨て台詞は残した。

例えばこんな言い方をされたら素直にしたがってた。
「ごめんなさいね、カトリックはいろいろ決まり事があって、あなたが立っていたら神様に失礼になるから。」

それでも神様は他人の為にがんばって写真を撮るあたしの方を応援してくれるとは思ったが、そこまで言われたら引き下がる。

だけど初めから命令口調な上に、あたしがそういったから座れ!!ってどういうこと?!
あんたはちゃんと説明できないのか?!
子供か?!

悔しい。結婚式じゃなかったらもっと暴れてたよ!!
だからここで愚痴らせてくれ!!

②披露宴でハデにこけた。
ケーキカットの後、カップルが両親の所にケーキを持って行って、
両親がお互いに食べさせてたのね。
まあ、なんていい絵なの! と思って、写真を撮ろうと急いで人々の間を通り抜けたと思ったら!!

おっちゃんが急に後ろ向きに下がって来てその足につまづいてこけた。

あたしのEOSちゃんは宙を舞った。

一瞬何が起こったかわからなかったが、
すぐに目の前に転がってるEOSちゃんをつかんで大丈夫か?!と話しかけているあたしに
田中はんが「大丈夫か?! カメラはまた買えるけど、なおの代わりはおらんからな!」とか、
田中ママが「大丈夫よ〜大丈夫よ〜 あなた震えてるわ〜大丈夫大丈夫」とか話しかけて来てくれた。(震えてはなかったと思う)

床は絨毯だったので、こけたのも痛くなかったし、カメラも無事だったし、気持ち的にもすっごい大丈夫だったんだけど、そんなに心配されるとは、

あたし、そんなにハデなこけ方したの?

慰めてくれた後にすっごい恥ずかしくなった。

長文、読んでくれてありがとう。

笑ってる人も慰めてくれる人も応援してください♪
[PR]

by na0cci | 2006-03-22 03:47 |  ∟Texas

テキサス日記

先週末は、田中はんの親戚の結婚式があったので、テキサス州ヒューストンに行きました。
テキサス州は、オースティンに次いで2回目の訪問。

テキサスのナンバープレート。
スペースシャトルがかわいい!
f0077357_7252547.jpg


テキサスは不動産が安い州のうちの一つ。
と、いうことは、庭つき一戸建てに住める確率高し!!

でも、初めて行ったときは広大な乾いた大地と、どこまでも続く高速道路に免許も持ってないあたしは「だめだ。あたしはここでは生きていけない・・・」と思いました。
今回ばかでかいおうちがごろごろしているエリアを通ったとき、
「ここなら住めるわ。」と思った単純なあたし。
f0077357_7255880.jpg
無理!

宝くじしかも1等に当たらなきゃ無理!


車の中から撮ったんだけど、それぐらい離れててもカメラに入りきらないぐらいでかい!

なんなん?! アメリカ人!!
なんでこんなでかい家に住めるん?!?!

・・・怒ってみても仕方がないので次いく。次。




前日にホテルで招待ディナーが開かれたので参加すると、
St. Patrick's Dayということもあって、緑の服を着ている人がいっぱいでした。
緑の服を着てないと、ツネられるんだってさ。

↓赤ちゃんもおばあちゃんもおじちゃんもおばちゃんもカップルもファミリーもみ〜んな

緑。

f0077357_727134.jpg


今回の式も楽しみだったんだけど、なんといっても去年あたしの結婚式に来てくれた親戚の方々との再会が楽しみでした。

↑の写真で田中はんと抱き合ってるおばあちゃんは田中はんのおじいちゃんの妹マーサジェーン(略してMJ)なんだけど、中西部の州に住んでるのに去年はオレゴンまで、今年はテキサスまで飛行機5時間ぐらいかけて来てくれました。 もう80歳ぐらいなのに、なんてパワフルなの!!
彼女の言葉が半分聞き取れないのはあたしがボケているからで、MJがボケているからではありません。マジでマジで。(苦笑)

あ、ちなみに真ん中の右の方に写ってる美女があたしあたし。 あたし。 (嘘)

応援してください♪
[PR]

by na0cci | 2006-03-21 01:32 |  ∟Texas