カテゴリ:妊忍日記( 42 )

妊忍2-8 ゆずへい

ベビの名前はすでにお母ちゃんと考えておりました。

「ゆずか」です。

「ゆずちゃーん」と娘を追いかけながら名前を呼ぶ自分の姿を妄想してみたり、

娘が果たして自分の名を気に入ってくれるか考え込んでみたり。

昨日検査に行き、全てが水の泡となりました。

ええ。

ええ。

ついてました。



最初、画面を見たとたんから「男の子はどう〜?」って言われたんだけど、あたしは見えなかったし自分が男を産むことが信じられず、お○ん○んは? と連呼していたら、女医さんがわざわざエコーの写真を撮り、お○ん○んに矢印をつけて”boy's stuff”と書き込んで渡してくれました。

もう一人出てきた男のお医者さんも、「ほら、ここに3本目の手があるでしょ。」

はいはい、わかりましたよ。

ということで、ベビの名は「ゆずへい」(仮)に決定。
[PR]

by na0cci | 2011-03-02 14:38 | 妊忍日記

妊忍2-7 食べたらいけないもの

妊娠中に食べてはいけないものがいろいろある。

代表的なのが、生もの。

生ハム、ソフトチーズ、さしみ、たらこ、スモークサーモン、生卵、ヨーロッパでは生野菜もだめだとか?

トキソプラズマ等のウィルスやバクテリアを避けるためだそうです。もしかかってしまったら、胎児に重大な疾患を引き起こす可能性があるのです。

日本でさしみを食べても問題ない理由が、魚の保存状態がいいからだそうです。
それは知ってるけど、でもでも、国に寄って食べたらいけないものが違うなんて!
と、妊娠後、初めての検診時にミッドワイフ(助産師)に聞いてみた。

「生ものって食べたら実際のところどのくらい危険なの?」

「リスクは、実はとても低いの。でもゼロではないわ。そうよね、国によってはさしみは問題ないのよね。アメリカでは国のガイドラインで妊婦にアドバイスするように決められているの。」

わたしも前回の妊娠時にお刺身食べたし、全ての妊婦が生ものを一口も食べないで過ごしてるとは到底思えないし、それでウィルスにかかったという話を聞いたことがない。やっぱり危険度は低いのだろう。でもゼロでない限り、国としては食べてもいいとは言えない。てな感じでしょうか。

ちなみに生卵はアメリカでは妊婦でなくても食べるべきではないらしいです。食べてるけどね。

ああ、卵かけご飯食べたい〜〜 ほんですきやきも生卵で食べたい〜〜
[PR]

by na0cci | 2011-02-19 17:10 | 妊忍日記

妊忍2-5 赤ちゃん返り

妊娠中のお友達の子供を見て、赤ちゃん返りを目の当たりにしてきました。

ガツは、そんなお友達の子とも比べても少し大きいし、小さい頃からあたしの膝におとなしく座ることはなく、他のことに興味津々で動き回るので引き戻すのに大変だったため、もし甘えてきてもそんなに大変じゃないだろうな〜とたかをくくっていました。

しかし甘かった!

もう妊娠発覚直後ぐらいから、甘えに甘えて大変です。人見知りもほとんどなかったのにするようになり、毎週遊んでる子とプレイデートの日でも、しばらくはあたしの膝の上から離れなくなってしまいました。

一人で見ていたテレビも、一緒に見て〜と言うようになったり、あたしがキッチンにいると一緒にキッチンに入ってきて「お手てつないで〜」と言ったり。(料理でけへんやないか!)

いやあ、大変ですね。赤ちゃん返り。
今のところ、ベビが出てくるのを楽しみにしていてお姉ちゃんぶっていますが、獅子丸があたしの隣にいるとキックしたりするので(苦笑)心配です。もちろん注意してますがマシになりつつやめませんねえ。

まあ甘えてくるのはかわいいし、一人で遊べるやろ〜?といいながら抱っこしてますがね。
何がつらいって、重い! 「だっこ〜」と言われても、できるだけ座りながらしてます。

ママを独り占めできるのはあと少しって、やっぱり気づいてるのでしょうかね。
[PR]

by na0cci | 2011-02-11 14:19 | 妊忍日記

妊忍2-4 ポコポコにされている

胎動を確実に感じるようになりました。
最初に感じたのが実は12週のころ。
二人目は早く感じるって言うけど、ありえない早さなので腸かもしれませんが、まあ母と胎児にしかわからないことなので、感じたって言うとこっと。(笑)

今19週ぐらいですが、まだポコポコされてる感じでかわいらしいです。
先日のベビーシャワーのお友達は激しくDVを受けているようで、ゆっくりお茶してても何度も「いてっ」 「あいっ><」と中からやられてました。一人目の時はこんなにやられてなかったのでどんな暴れんboyが出てくるか楽しみです←人ごと。

今日、家事をしながら鼻歌を歌ってる自分に気づきました。
つわりが終わったと言ってもずっとだるさが続き、先週ぐらいまで何をするのも嫌だったのです。
食事を作るのもおっくうではなくなってたので、先週から目標を立てました。
週末以外は外食しない。
母が帰国してから、週2~3回は外食になっていたので、家計が苦しい〜〜〜
がんばってごはん作ること、ここに宣言します。(宣言しないとすぐ挫折しそう。)
[PR]

by na0cci | 2011-02-08 15:41 | 妊忍日記

妊忍日記2-3 妊法若返りの術

いやあ、ホルモンパワーってすごいね!
今度の妊娠の前は、おっぱいも過去最低にしぼんでたし、お肌もハリがなくて元気がなかったの。
それが、妊法若返りの術により、おっぱいも再び牛みたいになってきたし、なによりお肌がすごかった。

つわりが始まった頃、顔が痒くて痒くてたまらなくなってきた。
すぐに今までにないぐらいざっらざらになって、なんかの皮膚病みたく粉が吹いたようになったの。
かゆいのは続くけど、クリーム塗ってもあまり変わらないし、ずっとこのままだったらどないしょ〜って思ってた。

それから1週間ぐらいして顔を洗ったとき、皮が剥ける時のように角質か垢か知らんけど、ぽろぽろとれてきて、ピッチピチ(でもないが・・・)のお肌が現れたの〜!

いやあ、しつこいけど、ホルモンてすごいね。

だけど、逆に考えると、それだけお肌にハリがなくて、新陳代謝ができてなかったってことだよね。
この年になったらそれは仕方のないことなのか?
それともがんばってホルモンをキープしたらお肌もキープできるのか?
いや、無理だな。そんな簡単にキープできたら世の中の女性はこんなに悩まへん。

おっぱいもお肌も産んだら逆戻りか〜
今のうち楽しんどこ。(何を?)
[PR]

by na0cci | 2011-01-29 06:28 | 妊忍日記

妊忍日記2-2

まとめてどどんと検診について。

アメリカでは大体、8週目にならないとドクターに検診してもらえないので(例外もあります)、検診の予約はのんびり7週目ぐらいにしようとしました。2週間ぐらいで見てもらえるだろう〜とたかをくくっていたら、まずは助産師によるオリエンテーションを受けて、次にまた助産師の検診を受けて、ドクターに診てもらえるのはそれからね。っと言われました。

えっとー、ドクターに会えるのは妊娠4ヶ月半の時? ぽかーん。

病院によってシステムが違うんですね〜 ガツを産んだ病院は別のところで、初めて予約の電話をした日からそう時間は経たずにドクターに会ってました。

この病院は助産師と産科医が1ヶ月ごとに交代で診てくれるので、医師と会えるのはあと片手ほどでしょうか。しかも昨日検診時に聞いたら、7月から研修かなんかで2ヶ月いなくなるから、産むときにはいないの、ごめんね〜だって。はあ。

ま、それは置いといて。

助産師でも医師と同じように内診等できるらしく、11週の時の検診時にエコーをやってもらいました。その時「女の子かもね〜」と言われ、期待に胸を膨らませていました。しかし昨日の検診で、心音だけを聞いて医師に「男の子っぽいわ」って言われました。

まあどちらでも健康ならいいんですが、はっきりわかる前に翻弄するのはやめて欲しいです。
医師に寄ると、男の子の心音は少しゆっくりめに聞こえるそう。確かに、ガツの時はもっと早く聞こえた気がする。これ、初めて聞いたんですが、当たった人いるんでしょうか。
[PR]

by na0cci | 2011-01-13 03:26 | 妊忍日記

妊忍日記2-1

いろんな意味で、明けましておめでとうございます♪

いやーつわりがやっと明けました。完全ではないけど、ピークに比べたら全然軽い!!
そのときによって違うっていうけど、ホントに違うね〜
今回は甘く見てたわ。いやいや。

人に比べると軽い方だとは思うんだけど、自分的にもっと軽く早く終わると思い込んでたのでその分つらかった。前回の日記を書いてからもひどいのがぶりかえして結局12月は寝たきりで終わった気がする。

でも寝たきりでいられたのもお母ちゃんをはじめ、仕事が終わるとずっとガツと遊んでくれた田中はんや文句言わずに一人でたくさん遊んでくれたガツといった家族やヘルプしてくれたお友達のおかげ。ひたすら感謝。

ピーク時なんか、「つわり対策」で毎晩ネット検索してたもん。これが効く!!っていう対策なんかないんだけどね。ないのもわかってるんだけど検索せずにはいられない。ただその中で、sea bandは今頃効き目がわかってきた。ピークはつけててもつらいので、気休め程度にしかなってなかったんだけど、終わりかけの今、油断してはずすと数時間後気持ち悪くなってまたはめざるを得ないことに気づいた。ということであたしには効いてるようです。sea band。

みんな知ってると思うけど念のため。手首に酔い止めのツボがあって、それを刺激する船酔い止めのバンドあるよね。あれのこと。昔はプラスチックのしかなかった気がするけど、最近出たのかしら。あたしがつけてるのはニット素材のもの。グエンステファニーもつわりの時につけてたのと同じ色〜w

というわけで、懸念事項が終了したのでこれからのびのびやっていけそうです。
今年もよろしくお願いします。
[PR]

by na0cci | 2011-01-02 16:42 | 妊忍日記

妊忍日記44ーカリフォルニアの妊婦さんに朗報♪



妊娠後期に入ると、お腹はますます大きくなっていろいろな動作がつらくなります。

しゃがんだりたったり、階段を上ったり下りたりするのがつらく、もちろん走れませんし、寝返りも簡単にはうてません。

歩くのもいつも通りにいきません。



モールやスーパーの駐車場には一番便利のいいパーキングエリアに青い看板が立っていることがほとんどで、車いすの絵が描いてあります。

このパーキングエリアには、Disabled placardと呼ばれるカードを持っている人のみが駐車することができます。このカードは、身体障害者が医師のサインの入ったフォームを提出すればDMV(日本で言う陸運局)より発行してもらえます。


歩くのがつらくなって来た時、何度ここに勝手に停めようかと思ったかわかりません。
ばれたら罰金なので、小心者のあたしは停めることができませんでした。


だけど、ある日、カリフォルニア州の法律で、妊娠8ヶ月(アメリカの数え方で)以降の妊婦は一時的にこのカードを利用して駐車してもいいことを知りました。


手続きは簡単。


DMV備え付けの書類に必要事項を記入。
ドクターにサインをもらい、DMVに手数料$6と共に提出。

その場でこんな↓カードがもらえます。

f0077357_15154174.jpg



あたしがこの事実に気づいたのが遅かったので数週間しか利用していませんが、とても重宝しました。


何もなければ歩けるのですが、お腹が張ったりすると立ってるのもつらい時があったのでこのカードには何度もお世話になりました。


カリフォルニアの妊婦さんはぜひ利用してみて下さい。
他の州は知らん。ごめん。

追記 2008年にこの制度はなくなったそうです。

ランキングへ
[PR]

by na0cci | 2007-08-06 15:46 | 妊忍日記

妊忍日記43ーbabyshowers

以前、babyshowerは開かないつもりと書きましたが、
出産の数週間前にお友達が開いてくれました〜 

しかも2回もあったの♪
うれしかったね。

1回目はこちらのオタク、いや、お宅にて。

f0077357_1443276.jpg


そう、かなり前に紹介したハリポタ屋敷にて。これ、かわいいー

ついてみると、かわいい柄の紙コップや皿が並べてあり、あたしの席にはかわいいお花が〜〜☆(ボキャが少なくてすんません。でもホントにかわいい)
f0077357_1483374.jpg


後から出て来たケーキがゴージャス!
whole foodsで売ってるそうです。
めちゃウマでしたよ!!

f0077357_1484918.jpg


歓談の後は、ゲーム大会。
あたしのハラ周り何センチ? クイズが面白かった〜

それぞれリボンを自分で切って、あたしのハラ周りの長さのリボンと比べるんだけど、

みんなナゲーよ・・・

正解だったのは、以前妊婦だったハリポタオタ・・・じゃなくて博士のひろちゃん。

さすがでしたねえ。


いただいたプレゼントは、あたしのリクエストで物干(笑)

いや〜現実的ですが、洗濯が多くなるし、物干コチラは結構なお値段するので欲しかったのよー うれしかったですw

第二回目のシャワーはなーんと、サプライズー。

ひでちゃんちでお茶するだけと思ってたのが、なんだなんだ?

人数が多いぞ。


風船が飛んでるぞ。


ベビーシャワーって書いてるぞ。。。



主役はあたしだよ! べっくりした!みたいな。(笑)

泣けたね。うん。


おいしい手づくりのお料理の数々。
f0077357_355252.jpg


かわいいおむつケーキ。(ちなみにもう使っちゃいましたー)
f0077357_3565425.jpg


素敵なプレゼントたち。
f0077357_3574938.jpg


知らなかったので、病院の予約入れててゆっくりできなくてごみん。

みんなありがとう〜

ガッツな写真もよろしく→
[PR]

by na0cci | 2007-07-30 02:02 | 妊忍日記

妊忍日記-42 バシネット

もう妊忍日記は終わりと勝手に決めていましたが、まるこが出てこないので続けます。

ベビーベッドは英語でcribと呼ばれます。
cribほどちゃんとしたベッドではないけど、移動もできる軽い簡易ベッドがあって、それはbassinet(バシネット)と言います。

バシネットは買うつもりだったんですが、田中はんのお母さんの家系に代々伝わるバシネットを送ってもらいました。

f0077357_14242897.jpg


田中はんの9歳上のお兄ちゃんも使っていました。
言ってみれば、40年以上も前のアンティーク。
めっちゃかわいいんです。

きしむけどな。



バンパーがなかったので作るつもりだったんですが、
先週来てくれた母がいつものように作ってくれました。
生地はやさしい黄色。

次に親戚にベビーが産まれたら、またバシネットを回すつもりです。
このバンパーも一緒に。
いつかまるこの子供に回って来たらいいな。

応援してね♪
[PR]

by na0cci | 2007-07-07 14:32 | 妊忍日記